人妻をモノにするために重要なことは、気張らないということです。

私の経験から申し上げますと、とても美しい人妻が、自分に興味を持ってくれる、そんな期待は全く有りませんでした。

だから、彼女と気軽に話たりすることが出来なのでしょう。

もしも、彼女が美人ということで下心を持っていたらうまく接することも話すことも出来なかった、そしてそんな深い関係まで発展することもなかったのです。

彼女とふたりきりになったきっかけは私の何気ない一言からでした。

「お腹すいた」
この私の一言を聞いた、彼女が、
「じゃあ、なにか食べに行こうか。

そういうやり取りがきっかけです。

もちろん、そのあと、何かを求めたわけでもなく、彼女とご飯に行くことが目的で発言したわけではありません。

もちろん、そのあと、彼女と二人でご飯を食べに出かけました。

行ったお店が、居酒屋だということもあってお酒もかなり入っていて望んだわけではありませんが、流れでホテルまで行っていました。

本当に、自然の流れでした、あの時彼女のことを意識していたらこうもうまく事が進むこともなかったでしょう。

その時聞いたのですが、彼女は出会い系サイトをしているらしいです。

彼女は、出会い系サイトではたくさんの人が私と会おうとするけど実際にあってもいいと思える人は「まともな人」と言っていました。

簡単にまとめると、人妻をただ求めるのではなく、どれだけ人妻に求められるか、必要とされるかが人妻と出会うことができるかということです。

人妻と家庭内暴力

既婚女性の中には、日頃から夫に殴られたりしている女性も多数います。

とても優しい人だと思っていた男性でも、ゴールインした後に激変してしまうケースがあります。

男性側には、殴っている事に対して全く悪気がない人もおり、中には生涯消えない傷を負ってしまう既婚女性もいます。

けれども、このドメスティックな男性と付き合いやすい既婚女性のタイプには、二つの場合があることが増えています。

一つは、殴られたり蹴られたりしている既婚女性の中には、親もそういう人だったという女性も多いのです。

女性達の多くは、満足できていない父の愛が欲しいと、それを与えてくれる人を求めています、

そこに登場する殴る旦那と過去の父親を同様にみてしまい、この男性から好きになってもらえれば、足りていない愛をもらえるかもしれないと感じてしまうのです。

加えて、彼女達の中にはもう一つのケースがあります。

それは、一言多い女性で、こういう女性が多くなっています。

既婚女性としての言動は、周りに恥をかかせないものでなければいけないという認識はあっても、旦那が言われたくないことを、悪気無く言葉にしてしまう女性が増加しているので、そういう傾向のある女性は、自分の言葉に多少注意をするといいかもしれません。

高校生に恋をしてしまった人妻

24歳の人妻です。

大学の同級生だった旦那とは、卒業後すぐに結婚したのですが、お互い若いこともあり、
旦那の収入だけでは生活が苦しく、私も家庭教師をして家計を助けています。

しかし、私は教え子である男子高校生に恋をしてしまったのです・・・。

というのも、どこかその子が私の初恋の相手に似ていてすごくタイプだったのです。

その子も、私のことを意識していると感じ取った私は、
我慢ができなくなって、受験が終わったら付き合ってくれないかと告白してしまったのです。

すると、その子から実は前から好きだったと逆に告白されて、
嬉しくて涙ぐんでしまいました。

その子の受験が無事終わり、今では正式に恋人として付き合っていますが、
もちろん私には旦那がいますので、彼との関係は不倫ということになります。

けれど、彼には私が結婚していることをまだ伝えてはいないのです。

不倫ではありますが、彼と一人の女としてお付き合いしたかったのです。

もちろんキスもしましたし、エッチもしました。

これからもこのまま彼とは恋人関係でいたいと思っていますが、
旦那に対しての愛情がなくなったわけではありませんから、家庭を大事にしながら、彼と恋愛していきたいと思います。

人の妻ではなく一人の女性として大切に扱う

女性というものは、いくつになっても一人の女として男性から扱われることを望む生き物です。

旦那の妻とか、子供の母親であるとか、他者との関係や各割の中で呼ばれる呼称ではなく、本来的に「私というひとりの女」でありたいと思うのでしょう。

このことは、別に出会い系サイトを利用している人妻に限って言えることではありません。

女性のすべてが多少なりとも、心のどこかでそう思っているのです。

もしかしたら、不倫を「婚外恋愛」と呼ぶことにもそのような意識が潜んでいるのかもしれません。

ですから、人妻と精神的、もしくは肉体的な意味で親密になろうとするときは、人妻を妻や母親として捉えてはいけないのです。

潜在的に女として扱われたいと思っているので、明確な拒絶反応を示すことはないでしょうが、小さな積み重ねが人妻との関係を悪化させてい原因にもなりかねません。

それでは、実際にはどういうふうに扱えばいいのかと悩んでしまいますが、シンプルに考えればいいのです。
つまり、子供がいない独身女性と同じ扱いでいいというわけです。

ただし、人妻のほうが、妻や母親であることを自覚しているときの言動を否定してはいけません。

例を挙げると、「子供が学校から帰ってくる時間だから帰るね」という言葉に代表されることです。

実際、家庭があるのは事実ですし、子供がいるのも疑いようのない事実ですから、この点を無視して「100%ひとりの女です」というのは無理ですし、逆におかしな話です。

ですから、この点まで否定してしまうと、人妻のほうは家庭崩壊の危機を感じ、関係の解消を持ちかけてくるかもしれません。

要するにまとめると、人妻をひとりの女として扱わなければいけないが、人妻や母親であること自体を否定してはいけないということです。

人妻の愛人になる方法

豪華な住宅に住んでいたり、ブランド品を身にまとっているセレブリティな人妻も数多く存在します。

彼女たちはお金も時間もたくさんあるので、出会い系サイトを利用して、普段の生活では味わえないような刺激を求めている人妻もいるのです。

そのような人妻と愛人になることができたら、どれだけ幸せなことか。

非現実的なようにも思えますが、実際にそのようなセレブな人妻と付き合い、お金を援助してもらっている男性も存在するのです。

もちろん、そのような人妻と付き合うためには、それ相応の工夫と努力が必要になってきます。

まず最初に、当然のことながらセレブな人妻がたくさんいる出会い系サイトを利用しなければなりません。

情報サイトなどで、どのようなサイトにセレブな人妻が多いか探し出します。

そしてぴったりのサイトを見つけ出し、そのサイトで見事セレブな人妻と知り合えたら、ここからが本当の勝負です。

人妻の要望には可能な限り応えてあげましょう。

セレブな人妻は、お金では買えない非日常的な刺激を求めています。

セックスだけでなく、デートなどにも積極的に付き合ってあげるようにしましょう。

くれぐれも人妻に、セックスにしか興味がないように思われたりしないようにしましょう。

そうなってしまうと、人妻を愛人にできない以前に、もう2度と会ってくれない可能性もあるのです。

セックスだけでなく、デートや2人っきりの時間を楽しませてくれる男性であれば、人妻も満足し感謝の意味も込めて男性にお金をあげるのです。

セレブな人妻の大半は30代後半から、40代以上の女性ばかりです。

このような女性たちは、男性に金銭面のことなど全く求めておらず、自分の欲求を満たしてくれる男性を求めているのです。

30代男性サラリーマンの出合い体験~人妻編

35歳の独身サラリーマンです。

ちょうど半年ほど前に、インターネットの出会い系サイトに登録して、知り合いになった女性がいます。

相手の女性は、同じ年の専業主婦でした。

私のプロフィールを見てくれて、アプローチしてきてくれたのです。

メール交換をスタートし、いい感じでやり取りが続いていました。

そしえ、1週間ぐらいでしょうかメール交換を繰り返し、お互いに写メも送り合っていたのです。

少し早いかなとも思ったのですが、非常に気が合う相手でしたので、心を許した部分もあると思います。

しかし、ある日突然、彼女から既婚者だと打ち明けられたのです。

最初は、それを聞いてがっくりきてしまいまいた・・・。

別に真剣交際を求めていたわけではなかったのですが、相手に旦那がいるのがショックだったのだと思います。

しかもちょうどそのときに、会おうと思っていましたから、食事に誘ってみようとしていたのです。

さらに驚いたのは、相手からセックスだけの割り切った関係になりませんかと言われたのです。

ショックと驚きで、戸惑ってしまいました・・・。

セフレが欲しくて出会い系サイトに登録したわけではありませんでしたから。

しかし、話を聞くと旦那との仲が悪化しているようで、ずっと夜の営みがなかったようです。

最初は性欲の処理に利用されるのがイヤだったのですが、話ていくうちに、なんだかこの人を助けたいと思うようになったのです。

ただ、返事は考えさせてほしいと待ってもらっていたのですが、
その後、彼女のことが気になり、自分のほうから彼女に会いたいと連絡しました。

そして実際に会って、ホテルでセックスをしました。

それ以来、彼女とセックスするたびに、自分の中でこのような関係もありかなと思うようになってきました。

それからというもの、彼女とは2週間に1回は会って、セックスしています。

相手は人妻ですから、これぐらいのペースで会うのがいいのかも知れません。

お互い割り切った関係で、守るべきことは守って、いい関係を築いています。

最初の目的とは違う展開になりましたが、今の状況には非常に満足しています。